xxxx

Vaccination

予防接種

VACCINATION予防接種

予防接種とは

予防接種

乳幼児に羅患すると重篤化することのある疾患の感染予防や重篤化予防のためのものです。また、一人一人の感染を重篤化さないことが社会での感染の蔓延を防ぐとも考えられています。「シートベルトのようなもの」とも言われ、なるべく標準スケジュールに則して接種することが薦められます。ワクチンには“生ワクチン”と“生でないワクチン(不活化ワクチン)”があり、製造方法や接種頻度(回数間隔)の違いがあります。

平成30年度 インフルエンザ予防接種

10/4 9時からネットにて予約開始致します。

接種方法

単独接種のみ(他の定期接種とは同時に致しませんのでご注意下さい。生ワクチン接種後1ヶ月あけて、不活化ワクチン接種後は1週間あけて接種可能です。インフルエンザワクチンを接種したあとは、次のワクチンまでは少なくとも1週間はあけていただきますが、実際の接種はワクチンごとに異なりますので、ご注意下さい。当日、当院での指示や指導は出来ませんのでご理解ご了承の程、宜しくお願い致します。)

接種時期

10/6から1/19まで(11/3、1/5の除く)の毎週土曜日 13時15分から14時15分までの15分毎の枠(時刻はあくまで目安ですので遅れることがございますが、ご理解ご了承願います)

接種対象

お子さん(6ヶ月~)と同居される保護者二名まで

接種費用

1回4,000円(なるべくおつりのないようにご準備願います)

ワクチン

会社や商品の指定はできません。在庫により変更になります。1回目と2回目の接種ワクチンが別の種類でも効果には問題はないといわれておりますますので、ご理解ご了承下さい。

接種時の流れ

①事前に申込書をご記載頂く(※当院では母子手帳は確認致しません。前回のワクチン接種が生ワクチン(MR、水痘、おたふくかぜなど)の場合は1ヶ月以上あけて、不活化ワクチンの場合は1週間以上あけていることをご家族でご確認下さい。)
②当院向かって右側の入り口からお入り頂き、受付へ申込書をお渡しください。お子さんは来院受付させていただきますので診察券をご用意下さい(小児においては、新規の方は診察券を作らせて頂きます)。
③待合室でお待ち下さい(※お帰りの際は、入ってきた待合室とは異なる待合室からとなりますのでお荷物などお忘れにならないようにして下さい)。
④次の順番になりましたら、スタッフからお名前をお呼びしますので、ご家族で診察室にお入り頂き、お待ちください。お子さんは腕を完全に出した状態で、保護者の方は、腕を肩まで出せる状態でお待ち下さい。
⑤順番が来ましたら、もう一つの診察室にお入り頂き、医師の診察と予防接種を行わせていただきます。
⑥接種後、いらしたときとは異なる待合室でお着替え、会計をしていただき、お子さんの接種したワクチンのロットをお渡しし、帰宅となります(※ご家族で、母子手帳への記入とロットシールの貼付をお願い致します)。運用状況によっては変更する可能性もございます。

お願い

母子手帳は確認致しませんので、上記の接種間隔にご注意下さい。申込書は事前にホームページからプリントアウトし、お子さんと保護者の分をすべて事前に記載し、来院願います。ワクチンの種類は、申込用紙に記載された会社及び製品ではない可能性がございます。ワクチンの接種本数に限りがございますので、必ずしも二回接種分までワクチンが確保されているわけではありません。また、接種スケジュールは事前報告なく変更する可能性もございます。なるべく、地域の皆さんのお力になれますよう努力して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

ヒブ

対象

生後2か月から開始、3~8週間隔で3回接種します。7ヶ月以上後に4回目を追加接種して完了です。5歳未満は公費負担(無料)です。

疾患の説明

乳幼児期に髄膜炎や喉頭蓋炎など重症感染症を起こす菌です。これらの疾患は命に関わることや後遺症を残すこともある重篤な疾患です。

肺炎球菌

対象

生後2ヶ月から開始、3~8週間隔で3回接種します。2か月以上あけて、標準的には1歳から1歳半に4回目を接種して完了です。5歳未満は公費(無料)です。

疾患の説明

乳幼児期に敗血症や髄膜炎を起こすことがある菌です。肺炎や中耳炎の原因菌としても多いです。ワクチンは主に前者を防ぐ目的で行われます。命に関わることや後遺症を残すこともあるからです。

B型肝炎

対象

生後2ヶ月から接種できます。初回から4週以上あけて2回目、さらに20~24週あけて3回目が標準的な方法です。

疾患の説明

代表的な肝炎を起こすウィルスです。感染がつづくと慢性肝炎、肝硬変や肝ガンになることもあります。

4種混合

対象

生後3ヶ月から開始、3~8週間隔で3回接種します。6ヶ月以上あけ、標準的には1年から1年6ヶ月後に4回目を追加します。7歳6ヶ月までに完了するようにしましょう。

疾患の説明

4種とは、ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオを指します。ジフテリアとポリオは国内での感染はほとんどありませんが過去には重症者が出ていました。 百日咳は乳児では重症の咳や呼吸困難で命に関わることもあります。破傷風は怪我をした傷口から菌が入り、痙攣や麻痺をきたす死亡率の高い疾患です。

麻疹・風疹(MR)

対象

1歳から2歳に初回接種をします。2期は小学校入学前の1年間に行います。

疾患の説明

麻疹は発熱、発疹から肺炎や脳炎などの合併症をきたす疾患で、非常に強い感染力があります。風疹は‘3日はしか’とも呼ばれた発熱、発疹をきたす疾患で、妊婦が感染すると赤ちゃんに重篤な障害が出る可能性があります。

水痘

対象

1歳から3歳までに2回接種をします。2回目は初回から3ヶ月以上、標準的には6ヶ月から1年あけます。

疾患の説明

みずぼうそうとも呼ばれるウィルス感染です。全身に水疱疹が多発し、重篤な状態にいたることもあります。帯状疱疹も同じウィルスが原因で発症します。

日本脳炎

対象

生後6ヶ月から7歳半まで接種可能です。標準的には3歳で2回(1~4週間隔)、その後に6ヶ月以上あけて4歳頃に1回接種します。9~12歳に第2期の接種を追加します。

疾患の説明

蚊が媒介する日本脳炎ウィルスの感染で、急性脳炎を引き起こします。半数程度の方が後遺症を残す、治療法のない重篤な疾患です。近年、日本での発症も報告があり、東南アジアなどで流行があります。

2種混合

対象

11歳以上13歳未満に1回接種します。

疾患の説明

4種混合に入っているジフテリアと破傷風について追加接種します。

ロタウィルス

対象

ロタリックス(1価)は生後6週(多いのは8週で他のワクチンと同時接種)から生後24週までに2回、ロタテック(5価値)は生後32週までに3回、生ワクチンを飲みます。初回は14週までに始めて、4週以上あけます。

疾患の説明

ロタウィルスは乳児の胃腸炎を起こす代表的なウィルスです。嘔吐がひどく水分がとれなくなると脱水になり重篤な状態になります。小さい子ほど入院して点滴する必要性が高くなります。予防接種にはワクチンで重篤化を防ぐ意義があります。胃腸炎関連けいれんや脳炎を合併することもあります。

当院はロタリックスを扱います。前回までロタテックを接種の方は当院では接種のご用意がございません。

おたふく風邪(ムンプス)

対象

1歳から接種できます。MRワクチンと同様に1歳頃と5~6歳の2回接種が薦められています。

疾患の説明

ムンプスウィルスの感染で、発熱や耳下腺(耳の下にあるだ液腺)の腫れが特徴です。頭痛をきたす髄膜炎や難聴や精巣炎など重い合併症もあります。

  • MRワクチン、日本脳炎ワクチンについては、入荷困難です。接種困難な場合、ご連絡させていただくこともございます。ご了承ください。

予防接種に関するアンケート