xxxx

Allergies

アレルギー科

ALLERGIESアレルギー科

一般外来受診時に、アレルギー予約外来をお勧めさせていただくこともございます。医師は、一般外来と同じです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、単にアレルギーの病気というだけでなく、皮膚が乾燥することで抵抗力が低下し、さまざまな刺激によって悪化しやすい皮膚疾患です。

原因

アトピー素因やバリア機能が低下している皮膚状態などの「体質的な要因」と、アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)や皮膚やの外部刺激など「環境的な要因」があります。
体質的な要因と環境的な要因が重なったときに、皮膚炎の症状があらわれると考えられます。ただし、アトピー性皮膚炎の増悪原因や症状は人によってさまざまです。

  • 体質に関する要因:アトピー素因、皮膚のバリア機能低下
  • 環境に関する要因:アレルゲン(アレルギー症状の原因となる物質)、食物、ダニ、ほこり、カビ、花粉、動物の毛やフケ、汗、衣類による摩擦、乾燥、引っかき傷、「洗剤」などの日用品、化粧品、その他寝不足、過労、ストレスなどが挙げられます。現在、多くのアレルギー疾患の発症要因の一つと考えられており、繰り返す場合やひどくなる場合、生活に支障のある場合は積極的治療も検討されます。

食物アレルギー

食物アレルギーとは、特定の食品を食べた後にアレルギー症状を起こす状態です。
乳児期から幼児期にかけての主な原因は、鶏卵、牛乳、小麦が多く、成長するにつれて甲殻類やそば、果物類などのアレルギーが増えてきます。

近年食物アレルギーの患者さんが増加しており、原因食物のアレルギー検査による診断と評価について混乱を生じている傾向があります。原因や年齢などで治療も異なる為、まずは正確な検査・診断が必要です。

気管支喘息

気管支喘息

乳幼児はもともと気道が細いため、「ゼイゼイ」といった息遣いは必ずしも気管支炎を示すわけではありません。

子供のぜんそくの多くは、アレルギー体質を持つお子さんが、身の回りのダニやホコリ(ハウスダスト)、カビ、動物のフケな、タバコの煙などのアレルギーの原因物質を吸入し続けることによって発症することが多いです。ぜんそくでは空気の通り道、すなわち気道が敏感になり、タンが出やすくなったり収縮しやすくなったりします。実際に気道が収縮し、タンや咳が出て、ゼイゼイ、ヒューヒューするのがぜんそく発作です。

最近では吸入ステロイド剤をはじめとして、種々のお薬が治療にもちいられ、ぜんそくのコントロールは以前と比較してだいぶ良くなりました。しかし、お薬を使用する以前の問題として、小児のぜんそく治療においては身の回りにあるダニ、ホコリなどのアレルゲンを減らすという環境整備が大切です。幸い、小児のぜんそく患者さんの多くは大人になる前に改善します。普段から根気良く治療に取り組むことが大切です。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は、花粉などによる季節性のタイプ(花粉症)と普段から身の回りに存在するダニやカビなどによる通年制のタイプに分けられます。花粉症の患者様は、従来は花粉の回避と早目の抗アレルギー剤内服、点鼻薬・点眼薬の使用が治療の中心でしたが、平成26年秋からスギ花粉症に対しては花粉エキスを長期間内服して体質改善をはかる『舌下免疫療法』が保険適用となり、治療の選択肢が増えました。スギ花粉症に悩む患者様にとっては朗報かと思います。また平成27年からは、スギに続いてダニエキスを用いた舌下免疫療法も保健適用となりました。