xxxx

Blog

スタッフブログ

こどもの新型コロナウイルス感染の報告について

こどもに、新型コロナウイルスが感染してしまった場合の、中国の論文が発表されました(深圳市の医院で咽頭ぬぐい液のRT-PCRでCOVID-19と確定した小児34人を解析しています)。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32062875/
結論から申し上げますと、比較的軽い経過で済んでいることを示しています。すべての感染者に該当するとはいえませんが、安心材料ではあります。
高齢者であること、糖尿病や循環器・慢性呼吸器疾患などの基礎疾患があることなどが重症化の原因と判明してきております。
以下、上記の論文の要約を示してみます。
・年齢は8歳11ヶ月くらいが中心で、小学生くらいです。
・基礎疾患を有する小児はいませんでした。
・家族内感染が、28人(82%)で、多い印象です。
・湖北省への渡航・居住歴を有するのは26人(76%)で、初期は湖北省関連といえたと思いますが、今では分かりませんね。
・典型的COVID-19の症状は22人(65%)、軽症が9人(26%)、症状がない人が3人(8.8%)、重症例や重篤例はいないとのことです。
・症状は主に発熱(17人、50%)、咳嗽(13人、38%)が主体(※論文にはありませんが、感染症にお詳しい先生のお話ですと、インフルエンザよりも全体的に症状は軽い、少量の下痢を伴うことが多い、4日目以降にどんどん悪くなるようなら重症化のリスクがあるようだとのことです)。
・胸部CTは末梢優位の多発性斑状あるいは結節性すりガラス陰影、浸潤影 を呈するようです。
・治療は20人がロピナビル/リトナビルというエイズの薬剤を使用(ステロイドと免疫グロブリン投与例はありません)。
・予後:全例回復退院!

診察中のお話はなかなか難しいと思いますが、各方面から情報を集め、基本的な予防策をとって、正しく恐れていきましょう!基本的な予防策は、石鹸での手洗い、のどの加湿、消毒、あまり色々なところを触ったりしない、規則正しい生活習慣、などでしょうか。