MENU

Blog

スタッフブログ

ワクチンの接種控えのデータについて

以前から、皆さんにお知らせしてきましたワクチン接種の接種控えの件です。
とある予防接種のスケジュールのアプリから、心配なデータが発表されました。
下にアドレスを記載します。
MRワクチン及び肺炎球菌ワクチンの接種率が明らかに低下しています。 https://www.know-vpd.jp/news/20741.php 毎日、色々と気を使って過ごされているので大変...

予防接種は打ちましょう!

予防接種のための外出は、自粛するようには勧められておりません。そして、1歳前後まで接種する予防接種は、色々な疾患の重症化を抑えるためのものです。ただ延期することはよくないと考えられております。日本小児科学会のQ&A(http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326)、予防接種で病気を防ごうの会(VPDの会 ht...

ヒブワクチン新情報

本日、販売元のサノフィ社から、供給再開について発表がありました。
以下のアドレスに飛び、そのページの一番下の「更新情報」の「2月26日」のヒブワクチンの供給再開についての情報をご参照ください。
https://e-mr.sanofi.co.jp/products/acthib まだ詳細は分からないものの、少し安心致しました。
具体的な接種再開は、3月になる可能性...

ヒブワクチン製造元のサノフィ社からのお知らせ

供給停止になっています「ヒブワクチン」について、製造元のサノフィ社が発表しました。 下記のアドレスからご覧頂けます。安全性を考慮した旨が書かれています。 https://www.sanofi.co.jp/ja/about-us/news/20200127 ...

当院のインフルエンザウイルスワクチンについて

お知らせ欄にも紹介させて頂きましたが、9月28日午前9時から、ネット予約を開始いたします。 ワクチンの準備・管理と、会計の迅速化のため、接種希望の方は、大人も子供も当院の診察券をお持ちの方のみ予約可能とさせて頂きました。 1回4000円です。予約は1人1回までに変更させて頂きました。 今年は、事前に診察券番号をお持ちではない方は予約・接種はできません。また、接種当日の診察券の対応は、混雑のためお受...

体調不良後の予防接種について

当院では、手足口病、ヘルパンギーナ、RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症などの患者さんが出ています。 これらの感染症罹患後は、「免疫抑制状態」と言われ、免疫機能が低下していると考えられています。 つまり、その時期に予防接種を受けても、免疫の反応が十分ではないため、その効果も十分に期待できない可能性があります。 では、感染症の罹患後は、どのくらいの期間をあけて、ワクチンを受けたらよいのでしょう。...

ロタワクチンとおたふくかぜワクチンの説明用紙と予診票をダウンロードできます

当院ホームページの予防接種のページから、任意の予防接種であるロタワクチン(当院はロタリックスです)とおたふくかぜワクチンの書類をダウンロードできるように致しました。 https://drgoto.jp/medical/medical03.html 来院されてからの記載は、時間がかかりますので、是非、ご自宅でダウンロードし、印刷し、記載されてから来院されて下さい。 保護者の皆さんが、より楽に受診でき...

BCGの接種も行っています

暖かくなったり、寒くなったり、子供の小さな体や鼻のどにはなかなか応える日々が続いていますね。 そんな中、最近、受診された方々から、「ごとう先生のところはBCGもやっているんですね!」と驚かれたことが数回ありました。 何かの書類に、当院がBCGをやっていないように記載されていたとのことでした。 当院は、横浜市のBCG接種講習会が1年に1回の開催となっていたため、開業当初はその受講が間に合わず、BCG...

暖かくなり、病気のないうちに予防接種

暖かくなってきました。 人にもよりますが、かぜ症状が改善する方もいらっしゃると思います。 こんな時期や夏は、予防接種を打つのに適した季節といえるのではないでしょうか。   標準的なワクチンスケジュールについては、インターネットで「VPD」「ワクチン」「標準スケジュール」と探していただけますと、スケジュール表にたどり着きます(https://www.know-vpd.jp/children...

「子ども予防接種週間」で見つける「大切な忘れ物」

3月1日から3月7日までは、「子ども予防接種週間」とされています。
4月の入園、入学に備えて、保護者をはじめとした地域住民の予防接種に対する関心を高め、予防接種率の向上を図ることを目的として、平成15年度から毎年実施されています。
母子手帳を確認していただくには良い機会です。 具体的には、こんな「大切な忘れ物」があるかもしれません。
標準的には…
○...