MENU

Blog

スタッフブログ

インフルエンザワクチン接種前に診察券を作成して下さい!

今年から、皆さんの予約と会計を簡単にするために、インフルエンザウイルスワクチン接種時にも診察券を使って予約や会計を行うこととしました。 昨年は、診察券のない方は、予約時にお電話を頂いたり、ワクチン接種後の会計時にお名前を教えて頂いたりしました。そうしたことを、診察券でIDをもって頂くことで、簡単で素早く出来るようにと考えました。 お忙しいところ申し訳ございませんが、夏の間に、特に火曜日や金曜日に、...

体調不良後の予防接種について

当院では、手足口病、ヘルパンギーナ、RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症などの患者さんが出ています。 これらの感染症罹患後は、「免疫抑制状態」と言われ、免疫機能が低下していると考えられています。 つまり、その時期に予防接種を受けても、免疫の反応が十分ではないため、その効果も十分に期待できない可能性があります。 では、感染症の罹患後は、どのくらいの期間をあけて、ワクチンを受けたらよいのでしょう。...

Eメールアドレスの登録をお願い致します

最近は、ほんの少し、夏らしい空が見え始めました。 手足口病、ヘルパンギーナといった夏のウイルス感染症が流行し、ウイルス性胃腸炎、アデノウイルスも多くなってきました。 予約順番の周知を主に、また、今後、何らかのお知らせメールをさせていただく際に、Eメールアドレス登録をしておいて頂くと便利です。 色々とお忙しいと思いますが、お子さんのお昼寝の間などに、当院予約ページからEメールアドレス登録を、どうぞ宜...

ロタワクチンとおたふくかぜワクチンの説明用紙と予診票をダウンロードできます

当院ホームページの予防接種のページから、任意の予防接種であるロタワクチン(当院はロタリックスです)とおたふくかぜワクチンの書類をダウンロードできるように致しました。 https://drgoto.jp/medical/medical03.html 来院されてからの記載は、時間がかかりますので、是非、ご自宅でダウンロードし、印刷し、記載されてから来院されて下さい。 保護者の皆さんが、より楽に受診でき...

BCGの接種も行っています

暖かくなったり、寒くなったり、子供の小さな体や鼻のどにはなかなか応える日々が続いていますね。 そんな中、最近、受診された方々から、「ごとう先生のところはBCGもやっているんですね!」と驚かれたことが数回ありました。 何かの書類に、当院がBCGをやっていないように記載されていたとのことでした。 当院は、横浜市のBCG接種講習会が1年に1回の開催となっていたため、開業当初はその受講が間に合わず、BCG...

暖かくなり、病気のないうちに予防接種

暖かくなってきました。 人にもよりますが、かぜ症状が改善する方もいらっしゃると思います。 こんな時期や夏は、予防接種を打つのに適した季節といえるのではないでしょうか。   標準的なワクチンスケジュールについては、インターネットで「VPD」「ワクチン」「標準スケジュール」と探していただけますと、スケジュール表にたどり着きます(https://www.know-vpd.jp/children...

新年度 ですね

4月1日になりました。本日から新しい挑戦を始める方も多いのではないかと思います。春は、仕事やお子さんの生活の変化の季節です。子供から大人まで、体調に変化を生じることもあるかと思います。石鹸を用いた手洗い、長めのうがい、歯磨き、規則正しい生活習慣で、体調を大きく崩さないようにしていきましょう!私も同様ですので、自分に言い聞かせている文章でもあります。 ...

「子ども予防接種週間」で見つける「大切な忘れ物」

3月1日から3月7日までは、「子ども予防接種週間」とされています。
4月の入園、入学に備えて、保護者をはじめとした地域住民の予防接種に対する関心を高め、予防接種率の向上を図ることを目的として、平成15年度から毎年実施されています。
母子手帳を確認していただくには良い機会です。 具体的には、こんな「大切な忘れ物」があるかもしれません。
標準的には…
○...

一般外来の待合室におもちゃがないのは・・・

当院は、入り口が二つあります。
一つは、一般外来用、もう一つは、予防接種・健診・アレルギーで受診された方の入り口です。
受診される患者に感染リスクを下げ、患者ご家族の安全も高めるためです。
安心して受診してください。 「待っていて、おもちゃがないので、おもちゃのあるほうに行きたいというのですが・・・」
時々、ご相談を受けます。 当院の一般外来の待合室...

誤解されることもある「インフルエンザの検査結果」

インフルエンザウイルス感染症が流行しています。 当院としましても、早い診断と早い治療開始で、お子さんを少しでも早く楽にしてあげたいと努力しております。 そこで、検査を行うこともあるのですが、その検査結果が誤解を生じてしまう場合があると思いますので、紹介します。   例えば・・・「発熱に気づいてすぐに検査をした場合」 検査キットや機器には色々なものがありますが、標準的には「発熱から12時間...
1 2 3 4 5 6